鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JAMでの日本Gゲージクラブの展示

2003年から始まった日本GゲージクラブのJAMコンベンションでの展示は、夏の定例運転会が屋外だと暑いので、涼しいところで運転会をやりたいなーという不純な動機で始まっています。

2008年はスペース割り当てが小さくなったので、小型車輌中心、加えてDCCによるコントロールを前提とした線路配置で展示を行ないました。ストラクチャーやアクセサリーの類に乏しいので殺風景な感は否めませんが、線路配置そのものは良かったんじゃないかと思っています(この部分自画自賛(笑) ちなみに私はプランを考えるまでで、実際に作ったのメンバーのたかちゃんさんです(^^;)

g_gauge_club.jpg 

しばらくはこの線路配置で、集電等も含めた線路周りのブラッシュアップと、情景面での充実を図る(ストラクチャーなどが巨大になるGゲージでは、その保管なども含めて難しいのですが…)方向で行くのが望ましいような気がします。建物を並べるのは白井さんには敵わないので、違う方向性で何か出来ないかなー。昨年から、お隣に1番ゲージのクラブが展示をするようになったので、Gゲージクラブとしては、Gゲージ本来の『ナローゲージである』という部分を前面に押し出した方がいいのかもと思ったりします。

そういえばスペースに対して配置に余裕があったので、外周にポイントも何もないエンドレスを一つ追加するのもいいかもしれませんね。DCCの運転に疲れたときにも、とりあえずそこは何か走ってる、みたいな。 今回の線路配置では、メンバーの雨宮21さんが作った木橋の出番がなかったのが残念だったので、追加のエンドレスは全線橋にしましょう(笑)

(2008.8.24追記) やっぱり機関車から音が出た方がいいなーと思い、派手ないでたちでイベントでは人気の、LGBのクロエちゃんにMRCのサウンドオンリーのデコーダーの組み込み作業をしています。リアタンクが中空なのでそこにデコーダーとスピーカーを入れ、床板に穴をあけて音を逃がすようにしました。家の中ではうるさいくらいなんですけど、イベント会場ではどんなもんですかねー。

ついでに煙突と煙室内にウェイトを追加、集電シューに汚れがこびりついて動きを悪くしていたので掃除しました。少しは走りが良くなるかな?

コメント
この記事へのコメント
続いてアキュクラフトのホイットコムにディーゼルのサウンドオンリーデコーダーを入れてみたけど、やはりアメリカ型大型ディーゼル機関車の音は違和感バリバリですね(^^;
2008/08/24(日) 05:09:17 | URL | 青野@洞爺鉄道 #mvcB0rpk[ 編集]
クロエのサウンド化完了。よく見るとドーム上の安全弁のパーツが1個なくなってる…orz

残ったもう一個を型取りかなぁ。金メッキパーツなので、どう塗装するか悩むところです。
2008/08/30(土) 05:15:10 | URL | 青野@洞爺鉄道 #mvcB0rpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。