鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この画像ではどうかな?

なかなか、『感じ』を伝えるのは難しいですね。と、いうわけで、下の画像をクリックすると、少し拡大されると思います。拡大されたものだと、草の高さのイメージが多少つかめるのではないでしょうか。



今までサムネイルのサイズ変更のやり方を知らなかったというのは秘密(^^;


【追記】


別のところにアップした画像をここにも貼っちゃいます。


on30_58.jpg


鉄道模型のブログらしくなりました(^^;

コメント
この記事へのコメント
いいですね、色合いも良いし ボリューム感もあって Oナローならではと思います。
2007/12/28(金) 23:18:30 | URL | はまとん #-[ 編集]
ありがとうございます。細密度を犠牲にしないで草木のボリューム感を出すのには苦労しますね。

このレイアウトはミニサイズなので、狭い範囲にいくらでも労力を注ぎ込めるのですけど、大きなレイアウトではしんどそうだなーと思います(^^;
2007/12/29(土) 18:05:39 | URL | 青野@洞爺鉄道 #5N9D0LPg[ 編集]
凄い!!
初めまして。
今、On30のパイクをどうしようか?と悩んでる最中で、色々検索してたら、こちらのサイトが目にとまり、完成度の高さに感心する事しきり....
ウ~ム、凄く作り込まれてますねぇ。

この草、イイですねぇ。
私はこれ位の高さの草の表現はネコジャラシをほぐして植えてますけど、数が多いと邪魔臭い。
殆ど模型雑誌を読まない人間なので、こんな製品が有る事すら知りませんでした。

また、寄せてもらいます。
2008/01/26(土) 19:52:05 | URL | Junior Yamachi #ly9hdb4w[ 編集]
Junior Yamachiさん、はじめまして。

草は材料が手に入る度に植え続けて、結果的に作りこんだようになりました(^^;

同様の素材でシート状になったものは日本でも売っていますが、草撒き用の器具が結構な値段のせいか、今回使った長い毛足の草素材は海外から取り寄せるしかないみたいです。

シーナリィ材料や技法についての情報は、日本の模型雑誌より海外の雑誌やネットの方が、新しいものを見つけられるかもしれませんね。Oナロー位のサイズだったら、ミリタリー系の模型誌に有益な情報があるかもしれません。

このレイアウトの制作は一段落といったところですが、チョコチョコと更新するかもしれませんので、お暇な時にはお越し下さい。
2008/01/28(月) 22:29:24 | URL | 青野@洞爺鉄道 #5N9D0LPg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。