鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
On30運転盤(14)…車輌もなんとかしないと

レイアウト工作があるところまで来ると、車輌にもウェザリングなどを施さないと、レイアウト上で浮いて見えるようになってきます。当鉄道のポーターにも、エナメル塗料やらパステル粉やらなんやらで汚れていただきました。


on30_34.jpg


屋根も茶色に塗りました。ウェザリングは難しいですね。


ついでに、半径180mmのカーブを曲がれない運材車を、なんとか曲がれるようにしました。バックマンのカブースの台車に履き換えて腰高にするというものです。車輪は径の小さい運材車のものに嵌め換えてあります。カプラーの位置が合わなくなるので、元のを外して、下側に手持ちのケーディー互換カプラーをくっつけました。ゼリー状瞬間接着剤で位置決めしてからネジを切ろうと考えたものの、それなりにくっついたのでそのままにしているという体たらくです。


バックマンGゲージの運材車のようなプロポーションになりましたが、半径180mmのカーブを曲がれるようになりました。これもウェザリングしないといけませんね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。