鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
On30運転盤(10)…雑草が生えました

雑草という草はない、とも言えますが、とりあえずの進捗はこの位です。


on30_26.jpg


右側がかなり暗く見えますが、これは撮影者(私(^^;)の影が入ってしまったからです。写真を撮る時にはちゃんとライティングしましょう。


on30_27.jpg


植栽は一休みして、次は崖下に水面(洞爺湖の湖面)の表現をしようかと。レイアウト左手前はともかく、なんでここに申し訳程度に余白があるのかというと、当初の予定では右側からここまでずっと水面の予定だったんです。しかし樹木を仮置きしてみて、線路の前にも樹木がある方が空間構成的に良かったので、湖が埋め立てられ陸地になったのです。ここも埋めてしまうか、地形に合わせて切り取っても良かったんですけど、なんとなく勿体無くって残ってしまいました。


この段階で水面の表現の表現をするのは、次のディテール的な植栽で、水面と陸地の境目にも草を生やすつもりでいるからです。でも上手くいくかなー(^^; まあ失敗したらやり直せばいいか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。