鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
On30運転盤(9)…ひたすら植栽

on30_24b.jpg


新兵器、静電気で草を立たせる器具(ノッホ製 グラスマスター)を使ってみました。


9月7日追記


on30_25.jpg


この、懐中電灯にアイスクリームのカップをくっつけたようなものが、グラスマスターです。中に電池が入っています。先端のカップ部分に繊維状の草素材を入れます。先端は網目になっています。


使い方は、木工用ボンドの水溶液などを植栽したい範囲に塗布して、本体から伸びるコードの先端をその付近に繋ぎ、スイッチを入れて草を振りかけます。ボンドなどで濡れている部分に付着した草が、静電気の働きで立つようです。濡れていない部分では草は立たないようです。


海外のウェブサイトなどで、この器具の自作記事を見ることがありますが、静電気を発生させる部分に使うものは、『イオンジェネレーター』なるもののようです。コロナ放電で電子を放出する『イオナイザー』というものがありますが、それと同じようなものでしょうか。


上手くいけばかなりきちんと草が立ちますが、アプリケーターのカップの直径が7cm以上と大きいので、ゴルフ場のような草地を表現するのでなければ、草素材の無駄が多くなってしまうのが欠点でしょうか。


ちなみに今回草の素材には、この製品のオマケに付いてきた夏草ブレンドと、ウッドランドシーニックスのスタティックグラスフロックのライトグリーンとミディアムグリーンを、適宜混合して使いました。手持ちのものを使ったので、On30用としては少し短いですね。高さを稼ぐために何度か重ねて撒いたところもあります。もっと長いものもあるようで、できればそちらを使いたかったですね。

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
青野@洞爺鉄道様
コメントありがとうございました。
ボクも短い草を植栽→長い草の植栽というように複合長さでチャレンジしてみます^^
当ブログからリンクさせていただいてもよろしいでしょうか。
これからもよろしくお願いします。
2009/11/28(土) 00:57:11 | URL | こども局長 #-[ 編集]
Re: はじめまして
こども局長様

お返事遅くなって申し訳ありません。リンクは大歓迎です。こちらこそよろしくお願いします。

レイアウトの進捗楽しみにしています。
2009/12/07(月) 23:27:37 | URL | 青野@洞爺鉄道 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。