鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
On30運転盤(5)…プラスター作業中

on30_16.jpg


部屋で作業できるサイズの限界はこれくらいでしょうか。この画像ではまだ乾いていないので、灰色がより濃いですが、ウッドランドシーニックスの"MOLD-A-SCENE PLASTER"は、白くないんですね。粗めの粒の骨材も入っていて、その様子に、風景のモチーフの洞爺湖周辺には火山灰が多いよなー、などと思ったのでありました。


画像ではポーターが運材車を牽いていますが、製品はこのレイアウトのカーブを曲がれません(T_T) 一応モデルスシマさんのブースで、バックマンOn30のデモ用という名目で作っているのですが、ここを走れる機関車は、このポーターとガスメカニカルくらいしかないんですね(苦笑)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。