鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bachmann Side Tank Porter

http://www.bachmanntrains.com/home-usa/catalog/?function=detail&id=1726


Gスケールの機関車は、自分のレイアウトに似合うものを中心に、興味のあるものは大体買ってしまい、新製品情報のチェックを怠っていました。しかし上記URLにあるように、バックマンのサイドタンクポーター0-4-0の改良新製品が発表されていたのですね。


以前発売されていたものに比べてズッコケた感じがなくなり、一応スペクトラムクオリティになっているようです。しかしお値段もだいぶ高くなっているようで…(^^;


小型機で、旧製品はレイアウトで走らせていたこともあり、ちょっと欲しいところですが、なんだか旧製品より一回り大きくなっているみたいです。これの前製品のサドルタンク機は、うちのレイアウトの建築限界より大きく、踏切標識などをなぎ倒しながら走っていったので、今度のサイドタンク機にもその可能性がありますね(^^;

コメント
この記事へのコメント
バックマンの小型機関車
バックマンのこの種の小型機関車って、随分高くなっちゃいましたよね。以前の車種は、特売だったら80ドルくらいで買えたのに、、、。
2007/06/28(木) 14:55:17 | URL | 松本@風雅松本亭 #p4G/89sk[ 編集]
Re:バックマンの小型機関車
品質もそれなりでしたからねー(^^;

雑誌記事の傾向を見ると、玩具的な楽しさより、スケール的な正確さやディテールを求める層が多くなってきている感じですね。でもそうなると、本線系の車両は1/29を採用している時点でアウトのような気もしますけど。
2007/06/29(金) 19:14:43 | URL | 青野@洞爺鉄道 #mvcB0rpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。