鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミニサイズNナローレイアウトの制作(その4)
踏切標識などのアクセサリー設置と、高い樹木などの植栽を同時に進めていきます。



踏切標識は津川洋行のもの。Gゲージ、Oナローでも自作だったことを考えると、Nのアクセサリの豊富さには目を見張ります。



アクリルケースに作ったレイアウトだから『恵寿』です。ベタベタです。一応字面は北海道の地名風にしてあります。この駅名票の大きさは、3mm×4mmです。

『洞爺鉄道恵寿線』と命名しました。



灌木と広葉樹に使用したのは、他のスケールでも使ったプリザーブドフラワーのペッパーグラスです。たまたまある時期に買ったものの粒(蕾?)が細かかったので、Nのサイズにも使えました。

ポイント転轍機はトミックスのポイントに付属していたものを使用しました。





花に使ったのは、ミニネイチャーの、紅葉しかけのカエデとかいうものなのですが、緑色の中にポツポツと黄色い葉が混ざってるというのにリアリティがないと、使われないまま放っておいたというものです。ここでやっと日の目を見ました。

(つづく)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。