鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミニサイズNナローレイアウトの制作(その1)
Nn_001_20141005043412098.jpg


ずっと放置し続けのブログがゾンビのように復活しました(笑) 最近制作した、Nナロー・6.5mmゲージのレイアウトについて、制作時のツイッターでのつぶやきを絡めて解説します。



この、サイズ275mm×137mmに切り出した板に、最少曲線半径60mmで線路を敷いたのは2003年のことでした。作りかけの畳一枚サイズのGゲージレイアウトをJAMコンベンションに出展する際、Nスケールだとどのくらいになるだろうと思ったのがきっかけです。11年前に作りかけで放っておいたのですが、手持ちの小型車輌なら走れそうだと思い、完成までもっていくことにしました。



GゲージやOナローのレイアウト制作時にホームと駅を自作したり、人に作ってもらったりしたので、製品が利用できると喜んでおります(笑) ジオコレの停車場のホームを短くして、この画像はそのままですが、固定の際には高さも製品の三分の一程にしました。


ケースに入れて持ち運びできるといいななどと考えて物色したところ、ウェーブの、T・caseというディスプレイケースが丁度レイアウトが収まり、車輌を走らせても内壁にぶつからない大きさでした。ケースのベース部分に線路を敷いた板をねじ止めして、11年越し(笑)のレイアウト制作の開始です。

(つづく)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。