鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
芝生の達人(2)
やっと更新(^^;

前回は異種素材への重ね撒きについてお話しましたが、グラスマスター作業そのものも複数回撒くのが基本かと思います。一度だけでは接着剤のせいで発色が悪くなったり、一気に密度をあげようとすると、先に立った草の上に後から立たない草が積み上がるだけということにもなりかねません。ある程度の密度になったら乾燥させ、更に接着剤を塗布して草を重ねていくほうが、立った草の密度が上がりますし、うまくいけば草の高さを高くすることができます。

grass_004
 

この画像の部分は最初から数えると5回くらいは作業していると思います。接着剤塗布の際に変化をつけて、草を重ねるところとそうでないところの差をつけたりなどもしています。繊維の長さは6mm程度のものですが、一番高いところでは15mmくらいになっています。

on30_56.jpg 

以前はこんな感じ、ってよくわかんないですね(^^;

重ね撒きの際には、接着剤の塗布をランダムにして密度感を調節するのももちろんですが、撒く際に草の色そのものを変えるのもありですね。 

下の画像では重ね撒きの際に枯れ草色の繊維を使用しました。緑色の繊維も、3種類くらいのブレンドで、撒くたびに比率を変えてあります、というか、グラスマスターのカップに繊維を補充するたびに比率が変わってしまったというのが本当のところですが(笑)

grass_006 

色違いの繊維を使ったおかげで、接着剤を塗布したところとそうでないところがはっきり分かりますね。

grass_005
繊維は、接着剤が生乾きの時に撫で付けたりして、立つ方向をある程度制御することもできます。掃除機で吸って、接着しなかった繊維の除去と立ち上げを一度に済ますこともできますよ(^^)

こんなところかなぁ。以前にもちょっとまとめたエントリがあって(『On30運転盤(17)…草が伸びました』)、そこも併せて見ていただければ、今回の作業での変化も含め、多少わかりやすいかと思います。そちらにはミニネイチャー風のものを自作する方法も書いてあります。

なんかこちらに、割と安そうなアプリケーターもあるようですから、試されてみてはいかがかなぁ、と(ステマ?(笑))。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。