鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旧作の改修
軽便祭が終わって色々刺激されました。まずは作りかけのOナローレイアウトを何とかしようと思っていたのですが、ふと目についたのが、

on30_01_001
 

懐かしの、はじめて作ったOナローレイアウトであります。Gゲージレイアウトから移植された針葉樹のアスパラガスの葉が、耐用年数を過ぎたのかポロポロと落ちるようになり、とりあえず引っこ抜いて放ってたもの。ポイントマシンも別レイアウトに供出されてたりしてたりなんか(^^;

展示運転などでそれなりに活躍したレイアウトですが、現在の目で見ると色彩等、単純なのが気になります。ただ、基本は悪くないと自惚れてるので、改修と称して、軽便祭でもらった創作意欲をこのレイアウトにぶつけることにしました(笑)

on30_01_002 

撮影したカメラが変わって色味も変わっちゃいました(笑) これでは改修して雰囲気が変わったのか、単にカメラのせいで違って見えるのかどうなのかわかりませんね(笑) 一応、

・岩肌や石垣の再塗装
・線路まわりのウェザリング
・地面の土と砂利撒き・塗装
・6.5mmのグラスフロックを数回撒いて草の密度と高さを上げる

までやったのが上の画像。

on30_01_003 

グラスマスターで立たせた草原に、更に、鉄道模型のレイアウトでは主に針葉樹の葉に使われる、アスパラガス・ミリオクラダス(本当は、アスパラガス・マコーワニーというのだそうです。)をチマチマちぎって植えたり、ミニネイチャーの使えそうなものを植えたりなどして、鬱蒼とした感を出そうとしています。

締め切りに追われているわけではないので、時間のあるときに少しずつチマチマ、チマチマ。ミニレイアウトじゃないとできないかな、こういうやりかたは(^^;


on30_01_004 

人形との対比では大体このくらいの高さになります。他の素材も使って、どこまで鬱蒼とした感じが出せるかが、ここでの作業の肝かな。

on30_01_005 

プリザーブドフラワーの葉は大概着色されています。それも結構強い色になっていて、レイアウトにそのまま置くには辛い色味です。事前にスプレー塗料で色を落ち着かせたりするのですが、それでも上の画像のようになるので、植えた後でアクリル絵の具で着色します。

on30_01_006 

植えては着色を繰り返して、今のところはこんな感じです。適当なところでポイントマシンの再設置もしないと、裏返しての工作がやりにくくなるかな(^^;

このレイアウトで特徴的だった針葉樹は、耐久性等を考え、アスパラガスの葉からヒムロ杉の葉に変える予定です。結構雰囲気が変わるかもしれませんね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。