鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/24n30レイアウト(13)
植栽完了と言いながら、しつこく草撒きをしておりました。

gn30_049
 

ちまちまディテールを重ねるような感じですので、違いがよく分かりませんが、100円ショップに売っていた塩ビ製の怪しい葉っぱに色を塗って植えたり、ミニネイチャーの『広葉樹の葉』を、背丈の短い植物として植えたりしています。フィールドグラスやグラスフロックでは、高さは出ますが横方向の広がりは出ないので、こういうものでもなんとなく有効ではないかと思います。

それから、以前のエントリに書いたことのある、アルミ板の上にボンド水溶液を垂らしてグラスフロックをふりかけたミニネイチャーもどきも、植栽のアラ隠しに植えています。

gn30_050 

置き場所のことなども考え、外への配線をシンプルにするため、レイアウトをDCC化しました。ポイントデコーダーは無理やり詰所の中へ押しこんであります。

gn30_051 

点灯試験中にバルブを飛ばしてしまったため、結局街灯はLEDで点灯化しました。配線済みの市販品があったので、それを利用しています。点灯用の電池とスイッチは、詰所の建物の中に突っ込んであります。ポイントマシンの画像に写ってますね。

gn30_052 

点灯するとこんな感じです。建物の中にもLEDを入れました。電球色LEDなんですが、ポイントマシン隠しの黒紙に反射した光は黄色味がなくなっていますね。目で見るともうちょっと暖色系です。車のヘッドライトにもLEDを入れたほうがいいのかなーと思いましたが、運転手もいないし駐車中ということで省略(笑)

gn30_053 

所定の位置に収めて、車輌が乗っていませんが一応第一期工事は完成。隣の駅セクションが製作を待っています。

その前に機関車の塗装を(まだ言ってる)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。