鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/24n30レイアウト(12)
植栽作業、完了しました。



gn30_038 



gn30_039 

西

gn30_040 



gn30_041 

回してみました(笑)

gn30_042 

次の第二期工事で手前に来る方を南としています。

gn30_043 

今回はとにかく密度感を出そうということをテーマに植栽を進めていきました。フィールドグラスや、前作のGゲージレイアウトで使ったプリザーブドフラワーを使うため、樹種にはこだわっていません。全てリサイクルで賄うつもりでしたが、最後には足りなくなって新規購入してしまいました。

gn30_044 

南面のここと

gn30_045 

ここに、使用した草木の素材の全てが植えられています。後で買ったカスミ草は思いの外派手だったので使用を躊躇したのですが、レイアウト製作の途中経過画像を見た方からの意見を思い出し、花として植えてみました。シロツメクサとかそんな感じのイメージです。植えてみるとレイアウトが華やかに見えるのはもちろんですが、なんとなく立体感が出てくるような気がします。

gn30_046 

針葉樹もバルサ材の切りっぱなしだったものを、粘土で根元っぽい感じに仕上げました。画像だと境目がはっきりしちゃいますね(^^; 実際は他の植物で境目が見えにくいようにしてあります。

gn30_047 

これで完成としても良いのですが、この街灯の電球がミニマグライトのバルブだったことを思い出し、通電させてみたところちゃんと光ったので、横の詰所の室内灯共々、ちゃんと光らせてあげようと思います。それでこのレイアウトの第一期工事は終了の予定です。

gn30_048 

あ、そういえばこの機関車の塗装がまだでした。なんか見慣れちゃって、これで完成のような気になってました(笑)

ちなみに今回のレイアウト名は、『洞爺鉄道 渡棚線(とうやでつどう とたなせん)』 となります。戸棚じゃないけど棚に収まるということで…(^^;



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。