鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/24n30レイアウト(7)
動画を先にアップしましたが、地面造成の過程です。

gn30_022
 

前回の、コルク粘土で形作った地面の上に木工用ボンドの水溶液を刷毛で塗り、いつもの土ミックスを撒きます。乾燥した後で掃除機で接着されなかった分を吸い取ったのが上の画像。なんとなく下のコルクの色が見えますね。

gn30_023 

1回目の土の様子を見て、2回目は多少土の配合を変え、砕石なども混ぜつつ厚目に撒いていきます。撒き終えたら界面活性剤入りの水を霧吹きでかけ、木工用ボンドの水溶液をスポイトで垂らして固着します。

gn30_024 

今回はバラストにウッドランドシーニックスの砕石を使いました。レイアウトの規模のこともあり、あまり立派な線路にしたくないので、バラストと土を混ぜて撒き、その上に更に土を撒いたりしています。これも木工用ボンドの水溶液で固着しました。

gn30_025 

ついでに枕木にタッチアップ塗装したりなんかもしております。

gn30_026 

植栽がまだですがレイアウトに配置するアクセサリーは揃っているので、とりあえず置いてみて写真撮影。砂漠に無理やり木を植えたみたいな光景ですね(^^;

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。