鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じレイアウトをスケール違いで作るプロジェクト(笑)-On30編-【その2】
on30_03_002 

イメージカットなんて撮ってないでとっとと工作しなさい、と(笑)

このレイアウトを設置するために棚を増設したのですが、当初の予定より若干幅が広くなりました。そこで元の900x450mmから1200x450mmへと台枠を拡張しました。駅の引込線の長さを若干長く取れます。

ついでにGゲージのレイアウトと前後逆にして、駅を奥に配置するようにします。もう、『同じレイアウトのスケール違い』ではないですね。

多分次は、線路の手前を切り落として土手状にするという、今までのOナローレイアウトでの共通の構成にすると思われます(他人事かw)。台枠の側面が目に入りにくくなり、個人的に好ましく思うので、ついこのシーナリィ構成にしてしまいますね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。