鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同じレイアウトをスケール違いで作るプロジェクト(笑)-On30編-【その1】
お久し振りです。

今まで作ったOn30のレイアウトやセクションを処分するために、なぜだか新しいレイアウトをひとつ作ることにしました(笑) プランはGゲージレイアウトと殆ど一緒です。すでに廃棄されていますが、HOn30でも同プランでレイアウトを作ったので、これは第3弾となります。飽きないのでしょうかこの人は(爆)

on30_03_001.jpg
 

レイアウトの大きさは900x450mm、最小半径は190mm。Old Pullman Model Railroads, Inc.,のOn30用3番ポイントの使用が肝でしょうか。しかしこのポイント、組み立て済みといってもこのままじゃ使えないかなー。それでも、工作力のない身にとってはポイントの形になっているだけでもありがたいです。

他のレールは、マイクロエンジニアリングのフレキを使います。以前のセクションでハンドスパイクに挑戦してみましたが、仕上がり的にフレキと変わらなかったので楽な方に逃げます(笑)

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/11/07(土) 13:21:45 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。