鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/6

on30_103 

そういえばこいつも1/6畳サイズ。

450×450mmなら、1/8計画とか言えたかな(笑)

コメント
この記事へのコメント
スケールが大きくなって細部まで作りこめるようになるのは事実だけど、それを必ずしもリアリズムの方向に持ってくこともないわけで、ファンタジーのリアリティ追求に向けるというのもありますね。

逆に大きさそのものが表現の肝になる場合もあって、必ずしもミクロな方向に入り込んでいかなくてもいいのではないかとも思います。トイライクなのを否定する理由もないでしょう。

大型スケールでの草木の表現は永遠の課題で、去年の軽便祭で展示したセクションも個人的には下地の段階で、あそこから作りこまないとなーと思いつつほったらかしで一年以上が経過しております(^^;
2009/10/29(木) 15:40:45 | URL | 青野@洞爺鉄道 #mvcB0rpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。