鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NEW PROJECT 洞爺鉄道瞥渡線リニューアル(1)

数年前に完成を見たGゲージレイアウト、『洞爺鉄道瞥渡線』ですが、樹木をOナローのレイアウトに供出したり、ヤードの廃棄をするなどで、ほとんど廃線の様相を呈していました。そこで、制作時の反省やその後の他スケールの情景制作の経験を踏まえた形で、レイアウトを作り直すことにしました。

設置場所がロフトベッドの上で、レイアウトの奥に手が届きにくく作業に支障が出ることから、前回のレイアウトは製作途中で前後分割式に改造したのですが、今回は最初から、いくつかのモジュールに分割して制作します。シーナリィは基本的に前作を踏襲するつもりですが、分割構造を優先するので、出来上がりはかなり違うものになるはずです。

モジュールのサイズも前のように長さ1800mmもあると、作業も運搬も大変になるので、最大900mm×450mmのサイズとすることにしました。このサイズの組み合わせで畳一枚分と考えると、ポイントの設置は困難になると考え、プランは単純なエンドレスとします。カーブ半径は前作と同じく390mmです。なんだか昔考えた、Gゲージのミニモジュールレイアウトに近いものになりそうです。

G_2009_001 

ベースボードは外注で準備したので、その一つに現在のレイアウト上のストラクチャーを並べて、雰囲気を見てみました。雰囲気…変わらないといえば変わりませんね(^^; 上記のミニモジュールの構想では、直線モジュールの大きさは600mm×300mmだったのですが、この画像を見ると、最低でもこの900mm×450mmは必要なようですね。

ここに書くと後戻りできなくなりますが、線路はコード250のものをハンドスパイクする予定です。人形の日本人化も今度こそやらないといけませんね。

しばらく、Oナローなど『小さい』スケールの情景を作っていましたが、久しぶりにこのサイズに戻って、今度はどこまでやれるか頑張ってみたいと思います。設置場所の制限がありますので、他のレイアウトやセクションと同様、線路より下方向に掘り下げるような地形は作れないんですが。

コメント
この記事へのコメント
コメントがつかない代わりに拍手数は6まで来ましたね。どなたも新作に期待して固唾を飲んでおられるのでは?
2009/07/23(木) 16:43:15 | URL | 松本哲堂@風雅松本亭 #mQop/nM.[ 編集]
恐縮です(^^; 材料も揃ってきたので、そろそろ始めないといけませんね。今も画像のような状態で、作業机を占領しているのですが、それを見てるだけでなんだか和んでしまうのが、いけないのかもしれませんね。
2009/07/23(木) 16:59:33 | URL | 青野 #mvcB0rpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。