鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『とれいん』 6月号

『私を趣味人にした模型』 かあ…。いつも 『趣味人』 という言葉が可笑しくて仕方がないのですが、そう思うのは自分だけなのかな。

などと思いつつも、私にもある種のきっかけをくれた模型というのはあります。

G_porter

Gゲージのポーターサドルタンクです。後にLGBのブランドでも販売されましたが、私が手に入れたのはレーマン・トイトレインブランドのもので、客車と線路とのセットでした。

これを走らせてみて、R1のカーブよりもっと急カーブを通過しそうだと思わなければ、たたみ1畳サイズのGゲージレイアウトなんて作ろうとしなかっただろうと思います。新しい発想を与えてくれた記念すべき模型ですね。

よく走るものだから、鉄道記念物として引退するどころか、未だ主力機として走り回っています。イベントなどでもほぼ一日中走っていたりします。動力入り鉄道模型の性能の基準をこの辺に求めてしまう、ある意味厄介な機関車でもあります。

そういえば、下エントリのOn30セクションは、真横につなげると長さ2400mmですが、目論見として、前に作ったものと今度作る予定のものとを、エンドレスの直線部分にそれぞれ半分ずつ使いたいということがあります。

風景的には平凡なものにする予定(^^;

コメント
この記事へのコメント
趣味人
そういえば、NHK趣味悠々の鉄道模型編で

「素晴らしき模型人」

なんて、すごいのもありましたね。
2009/05/22(金) 20:28:31 | URL | skt48 #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。