鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/24n30レイアウト拡張(3)
軽便祭まで約一週間となりました。前回の更新以降の進捗状況を、Twitterに投稿した画像でご紹介します。iPhone4での撮影なので、あんまり写りは良くないですけどご了承の程を(^^;

gn30_064
 

スタイロフォームのプラットホーム側壁として、海外通販で購入の、石垣風に型押されたプラ板を貼り付けました。

gn30_065 

ホームの縁と入り口への階段を、10mm幅に切り出した発砲塩ビ板で作成。切り出しにはプロクソンのの丸鋸盤を使用。枕木を作る時と同じく、角は削って使用感を出したり。素材が変わってもやることは一緒です。

gn30_066 

変な人がいます(笑) 基本色をアクリル絵の具で塗ったあとで、薄めたカラーインクを流したりなんかしてみたり。仕上げは地面の様子を見ながら進めていきます。

gn30_067 

スタイロフォーム部分は去年のレイアウト工作で余っていたウッドフォルモでカバー。そのまま土を撒いたり塗装してもそれなりの感じになったとは思いますが、まあ気分ですね。

gn30_068 

前回レイアウトと同じく土を撒いての地面表現です。ホーム上面は土の配合を変え、多少明るくしてみました。

gn30_069 

現状はこうです。線路周りに若干ウェザリングパウダーなどでニュアンスを付け、各種素材を混ぜた下草ミックスを撒いて、草地の位置決めをしたところまで。

gn30_070 

裏側の方が草が多かったり。ホーム裏の小径が狭いので線路を踏んで歩く人もいるだろうということで、そのあたりの線路の周りには土を多めに盛ってあります。ちょっとだけ併用軌道気分(笑)

ここからはひたすら植栽の密度を上げることと、地面やホーム側壁の色味に深みをもたせるという作業になります。あと数日ですがなんとかがんばります。

そういえば、どうやって持って行こうかな(笑)

おまけ

gn30_071 

当駅のトイレは、その外観からは想像できない設備となっております(笑) これ1/24ドールハウス用のバスルームセットで、本当はバスタブもあるんですよね。ギリギリ入らなかったのが残念であります(^^;

スポンサーサイト
1/24n30レイアウト拡張(2)
小さなディーゼル機関車とナベトロしかない当鉄道に、客車が入線しました。

gn30_061
 

日本Gゲージクラブ会員の雨宮21さん製作のGゲージの客車を、PECOのOゲージの車輪を使い改軌したものです。Gゲージ時代の姿は、下記のURLのエントリーで見ることができます。

http://toyatetsudo.blog57.fc2.com/blog-date-201012.html

上の画像で客車の後ろに写っている駅舎も、基本部分の工作は雨宮21さんにお願いしたもので、いつもお世話になりっぱなしです。ありがとうございます。

gn30_062 

Gゲージの時には、連結器のサイズと首振り量が大きかったので、客車のカプラーはボディマウントでも、半径250mmを連結して通過できたのですが、Oゲージのカプラーでは無理なようです。そこで許可をいただき、カプラー台車マウントに改造しました。と言っても台車枠に真鍮の帯板を接着しただけですが(^^;

gn30_063 

偶然にも帯板に直接カプラーをネジ止めしただけで高さが合いました(^^)

この客車をレイアウトで周回させて、線路際の引っかかるものを移動したり撤去したり、草木を剪定したりして、なんとか空間を確保しました。プラットホームの位置もこれを基準に決められます。

走行動画をYoutubeにアップしました。



引き続きレイアウト工作に戻ります。雨宮21さん、どうもありがとうございました。軽便祭に間に合うよう頑張ります。

1/24n30レイアウト拡張(1)
gn30_060 

以前からの計画どおり、間に駅を作ります。Gゲージレイアウトで使ったストラクチャーの有効活用です。

客車は持ってなくても駅を作ります(笑)

Gゲージの客車を改軌というのも考えましたが、やっぱり幅が広いですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。