鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TMSの記事

今年のJAMの日本Gゲージクラブの展示は、雨宮21さん自作の木橋のおかげか、TMSでも紹介されています。

しかしながらキャプションが 『ティンバートレッスルのあるリバースループの上段と、自動往復運転の下段の二段構えでの展示・運転が行われた』 とありますが、確か下段は、3箇所の交換駅を持つエンドレスですよね。運転はどちらもDCCです。

RM MODELSで紹介された、輪ゴム式スプリングポイントが文字通りポイントかと(^^)

スポンサーサイト
Garden Railways Oct '09

以前のエントリで取り上げた、1/20.3 45mmゲージの屋内大レイアウトが、ガーデンレイルウェイズ誌にも登場しました。トップページが見開きの一枚写真で、レイアウトのスケールの大きさを見せています。ここで流石なのが、レイアウトのオペレーターさんを一緒に写し込んでいるところです。このレイアウトでは、人を写し込むことで実際にどの位の大きさを持っているのかを実感させるのは、かなり大事なことだと思うのですよ。以前のガゼット誌の記事は、その辺が不満でしたね。

私のGゲージレイアウト作り直しも、作業を再開させないとなーと思いましたです。JAMの会場でもせっつかれたし(^^;

そういえばウォルサーズが、『LGBが戻ってきたよ~』という意味合いの広告を出してますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。