鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予告?

アリストのC16、旧製品と比べて車高が下がっていることを確認(買ったってことですね(^^ゞ) なんだか下回りがすごいことになってます。

旧製品と並べた画像は果たしてアップできるのか、あんまり期待しないで下さい。

…とりあえず、オマケのカブースはいらないと思う。

スポンサーサイト
北米でのLGB(その3) -メルクリン破産-

NIKKEI NETより

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090204AT2M0403504022009.html

>鉄道模型大手の独メルクリンが破綻
>
>日本にもファンが多いドイツの鉄道模型大手
>メルクリンは4日、裁判所に破産手続きを申請したと
>発表した。英投資会社の傘下で再建を進めてきたが、
>リストラなどの効果が出ず、資金繰りに行き詰まって
>経営破綻に追い込まれた。
>
>独メディアによると、1月末に期限が切れた融資枠の
>延長を巡り、金融機関との交渉が不調に終わった。
>同社は当面、事業を継続して管財人の下で生き残り策を
>探ることになる。
>
>メルクリンは19世紀半ばに創業し、同社製品を基に
>国際的な鉄道模型の規格化が進んだといわれる
>老舗。少子化やゲーム機器の拡大などのあおりで
>業績が低迷し、2006年に英投資会社キングス
>ブリッジ・キャピタルに身売りしていた

え~(^^; これではLGBの再建どころではありませんね。今までこのブログでは正式なステートメントを元に、LGBの北米市場への再参入について書いてきたのですが、噂レベルではメルクリンそのものが危ないという話は聞いていました。

しかし、今回のメルクリン破産はLGBのみならず、全てのメルクリン製品に関わってくる問題ですね。大変だ。

【追記】 2月5日から始まったニュルンベルクトイメッセでは、メルクリンは例年と変わらない展示をしているようですね(ネットを回ってみた感じでそう判断したのですが、もし間違っていたらごめんなさい)。破産管財人が、規模は縮小するだろうが事業は継続すると言っているとか。『規模は縮小』の中に、買収したLGB(そういやTRIXもメルクリン傘下ですね)は手放すなんてのが入っていたら嫌ですね(^^;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。