鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
客扱い始めました

on30_059.jpg 

バックマンOn30のレールバスと客車のセットを購入しました。ちょっと大柄で、幌渡線の半径180mmのカーブを曲がれるか不明だったのですが…。

on30_060.jpg 

案の定、カーブに差し掛かると、連結器に無理な力がかかって脱線してしまいます。動力車側のオーバーハングが長いのが原因のようです。

on30_061.jpg 

単機運転は大丈夫です。しかしこのレイアウトでは、出入り口のステップの折り畳み式の踏板を開くと、線路際の柵に当たってしまいます(上記のオーバーハングが原因。客車の方は踏板を開いても当たらない)。柵を動かすのは癪に障るので、両面テープで踏板が開かないようにしてしまいました。ちなみにこの製品はDCCデコーダー組み込み済みで販売されています。

on30_062.jpg 

残った客車は機関車に牽かせましょう。ポーターともお似合いな感じです。これで運材車が一輌しかなかった(笑)幌渡線も、少し鉄道らしくなってきました。とはいえ、レイアウト上に駅がないので、お客さんを乗せることも降ろすことも出来ないのですが(^^;

(7月25日追記)

『運材車一輌』ってよく考えたらウソ。他にナベトロ3輌ございます(笑) 

ちっちゃいカブース欲しいです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。