鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GAZETTE 2008年5/6月号

表紙と巻頭がGゲージサイズ(1/20.3 45mmゲージ、Fn3って言い方はまだ有りなのかな)の大型室内レイアウトの紹介記事です。スペースは約30m×15m。レイアウトハウス(!)の天井も高くスペースに余裕もあるため、HOn3のレイアウトのような引きサイズの写真が多く、人が一緒に写っていなければスケール感が分からなかったりします(^^; この記事だけだと、わざわざ大きいサイズでレイアウトを作らなくてもいいんじゃないかと考える人がいるかもしれませんね。写真でものごとを伝える難しさを感じました。

レイアウトそのものは、大きなスケール、サイズのものにありがちな大味なところがないのが凄いです。

 

スポンサーサイト
宣伝

2つ下のエントリに記した、『二十面相の娘』。私がBパートの作画監督を担当した第六話、『現世の夢』が、関東地方では、5月18日(日)午前2:15~2:45(感覚としては土曜の深夜(笑))に放送されます。時間が時間なんで、観て下さい!と声高に言えないのですが(^^; アニメで鉄道がどんな風に描かれるのかご覧くださいませ。

現在この作品に関しては、13話の作画監督の作業中です。この話数では鉄道は出てきません。まあ、鉄道が舞台になるアニメ作品って、そんなにないです、元々。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。