鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PRO Z

やっと発売になった東京マルイの日本型Zゲージの、EF65と20系寝台客車のセットを買いました。線路はとりあえず、手持ちのマイクロトレインズの道床付線路をパネルに固定したものを利用。


小さいのに破綻のない出来で、走りも驚くほどいいですね。


zpro01.jpg


スケールが1/220で、欧米型Zゲージと同じということなので、メルクリンとマイクロトレインズの機関車と並べてみました。図らずも蒸気・電気・ディーゼル機関車の取り合わせです。皆かなり小さいものですが、それなり以上の走行性能を持っています。マイクロトレインズのF7だけ、走行音が大きいのがちょっと玉にキズ(^^;


日本型の車輌は主に線路幅1067mmですから、1/220にすると約4.5mmゲージとなりますが、通常のZゲージ(標準軌・1435mmの車輌の模型化)と同じく6.5mmゲージとして商品化しています。Zn42をZで模型化したというか、ある部分でアメリカ型のOn3とOn30の関係に似たものを感じます。これはこれで一つの見識だろうと思います。



zpro02.jpg


などと難しい話をしていたら、メルクリンのアメリカ型モーガルが、俺も混ぜてくれとやってきました。こうやって並べてみると、絶対こいつだけ縮尺が違うと思います(^^;

スポンサーサイト
この画像ではどうかな?

なかなか、『感じ』を伝えるのは難しいですね。と、いうわけで、下の画像をクリックすると、少し拡大されると思います。拡大されたものだと、草の高さのイメージが多少つかめるのではないでしょうか。



今までサムネイルのサイズ変更のやり方を知らなかったというのは秘密(^^;


【追記】


別のところにアップした画像をここにも貼っちゃいます。


on30_58.jpg


鉄道模型のブログらしくなりました(^^;

On30運転盤(17)…草が伸びました

久し振りにレイアウト工作をしたので、上記タイトルを復活させました。

on30_44.jpg

こちらのエントリで使った、グラスマスターに使う毛足の長い草材料を入手したので、幌戸線レイアウトの雑草の丈を伸ばしてみました。元々使ったものは繊維の長さが約2mmのものでしたが、上の画像のものは6mm程度の長さがあります。ノッホ製とミニネイチャー(シルフロアー)のものを買ったのですが、今回はミニネイチャーの『初秋』色のものを主に使いました。地味ですいません。

on30_43.jpg

こちらの画像は草を追加する前のものです。

下は植栽完了後の姿…、

on30_45.jpg 

…このサイズだと分かりませんね。

[On30運転盤(17)…草が伸びました]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。