鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長池見附橋

私が住んでいるところの近所にある、『長池公園』の一角に架かっている、『長池見附橋』です。里山の保存を目的としたと思われる長池公園の中では、異彩を放つ建築物です。その非現実的な光景からか、映画の撮影にも使われているようです。


長池見附橋


実はこの橋、元々は『四谷見附橋』だったそうで、橋の架け替えに伴い解体され、ここに移築されたのだそうです。


四谷見附橋といえばその昔、その上を都電が走っていたそうです。長池公園内には、四谷見附橋の移築時に使用されなかった材料の一部がモニュメントとして展示されていますが、その中に軌道敷の一部がありました。でもこれって、移築時まで橋にあったのかなぁ…。


軌道敷モニュメント


それはともかく、路面電車の軌道が、橋の構造込みで切り取られて展示されているのは面白いです。今のところ路面電車のレイアウトを作る予定はありませんが、作るとなったらこれは結構参考になるかもしれません。


レンガ橋脚アップ


これはレンガ橋脚のアップです。目地を盛り上げて仕上げてあるんですね。これは現在の橋に使われている部分なのですが、モニュメントとして置かれていたオリジナルの橋脚にも同様の仕上げがされていました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。