鉄道模型の、主にレイアウト工作に関する覚え書き。メインサイトはGゲージ中心なので、こちらはそれ以外のゲージ・スケールに関する話題が中心になる、かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOナローレイアウトも作ってます(1)
Oナローのレイアウトと並行して、HOナローのミニレイアウトも作っています。

hoe_layout_001
 

トミックスのコンビネーションボードA(600x300mm)の上に同サイズの20mmのスタイロフォームを重ねたものをベースに、3mmのMDF板で路盤を切り出します。線路配置はいつものように、エンドレスに引込線が一本。

hoe_layout_002 

スタイロフォームを切りだして大まかな地形を作り、MDFの路盤を接着します。ポイントを含めた線路はPECOのナロー用。ポイントはフログ選択式の全通型に改造して、DCC対応としました。

hoe_layout_003 

フレキシブルレールは最近発売された、枕木間隔の狭いものを使用しています。線路敷設の後、スタイロフォームをもう少し細かく削り出して、地形を詰めていきます。とりあえずはここまで。

Oナローレイアウトは、ポイントのDCC対応化と調整はとりあえず済みましたが、ベースボードの一部を切ったり貼ったりする予定なので、工作は止まっております。

nn_layout_001 

ついでといってはなんですが、同時並行でNナローやら、

z_layout_001 

Zゲージのレイアウトにも手を染めたりなんかして。この内完成までたどり着くのはどれだ(笑)

…他に線路敷きっぱなしの16番の運転盤やらNのミニミニレイアウトもあったりなんかして。あ、Gレイアウトのリニューアルも(^^; 一点集中が出来ずに自滅するタイプですね(爆)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。